オススメ化粧下地 / コスメ

【化粧品検定 1 級が教える】クスリなの?コスメなの?「医薬部外品」とは

コスメを選ぶときに成分表示と並んで「医薬部外品」または「薬用化粧品」と記載されている商品があります。コスメなのに医薬・薬薬用というワードはなんだか違和感がありますよね。
でも実はこれ、すごい製品なんです。何がすごいのか、そもそもコスメとの違いは何か。今回はそんな医薬部外品について解説します。

1. そもそも「化粧品」の定義って?

化粧品の定義なんて考えたこともないですよね。でもちゃんと決まりがあるんです。法律の話になりますが、化粧品の定義については・「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」通称、薬事法薬薬機法と呼ばれる法律で「人体に対する作用が緩和なもの」と定義されています。と言われましても、、、、と思いますよね。
簡単にいうと使用するにあたって専門家の指導が必要なく、誰でも買える。かつ製品の効果が劇的ではないということです。

2. では、医薬部外品とは?

上記を踏まえて医薬部外品の定義とは何か。「化粧品としての期待効果に加えてニキビ予防、美白やデオドラントなどに効果を持つ有効成分が配合され、医薬品と化粧品の間に位置するもの」です。ざっくりいうと、成分の面でいわゆる化粧品以上に期待できる配合がされているということです。値段が高いから、薬局で買えるから医薬部外品というわけではないです。

3. てことは 化粧品 < 医薬部外品?

そう思いますよね。ただ、これに関しては NO です。なぜなら、成分面で条件を満たしてもあえて化粧品として売る場合もあるからです。医薬部外品はその効果が素晴らしい一方で広告や販促の際に様々な制約があります。メーカとしては医薬部外品にすることで謳えない効果薬効能が出ることを避けたいと考える場合もあり、あえて化粧品として販売しているケースもあります。

4. じゃあ何ならいいのよ?

これに関しては好みです。ここまできてなんやねんって感じですよね。でも正直これは良し悪しではなく本当に好みです。もし迷ったら以下を参考にしてみてください。

  • 医薬部外品がおすすめのケース
    • スキンケアしながらメイクがしたい
    • ニキビやシミなど明確な悩みに対して手っ取り早く効果を感じたい
  • 化粧品がおすすめのケース
    • マルチな効き目を期待したい
    • 肌が揺らぎやすく、刺激に弱い

5. 最後に

最近は技術進歩も著しく、本当に様々な製品が発売されています。
それぞれを優劣ではなく、製品の仕組みを理解した上でお買い物を楽しんでみてください!
美容ナビでは脱毛以外にもスキンケアやヘアケアなどメンズ美容に関する様々なお役立ち情報の記事を公開しています。他にも興味のある内容があればぜひ読んでみてください。

・【初心者必見】メンズでも買いやすいデパコスブランド 3 選