コスメ

【初心者必見】コスメ、どこにお金をかけるべきか。

メイクを始めると、意外とめちゃくちゃお金かかります。ベースメイクだけでも下地、コンシーラー、ファンデーション、ファンデーションブラシ、、、、あげるとキリがないです。多くのアイテムがある中で全てにお金をかけると破産します。その中でも今回はお金をかけてほしいアイテムとお金をかけなくても良いアイテムを紹介します。

1. お金をかけてほしいアイテム

  • クレンジング
    • いきなりコスメではないチョイスですが、実はメイクの過程で 1 番重要なのがクレンジングです。「メイクを落とさずに寝るのは雑巾をのせて寝ることと同じ」といわれるほどクレンジングは大切なんです。もちろんプチプラでも良い製品はたくさんありますが、多少値段が高くても成分やテクスチャーにこだわっているものから選んでいただきたいです。
  • ファンデーション
    • コスメを選ぶ際によく言われるのが「面はデパコス点はプチプラ」です。特にファンデーションは顔全体に塗るもので印象を左右するといっても過言ではないです。正直、色が合っていないファンデーションを塗っている方、塗りすぎている方意外と多いです。ファンデーションは仕上がりでツヤ・マット、タイプではリキッド、クッション、パウダーなど本当に様々です。どんな印象になりたいのか、どんな肌悩みがあるのかを考えてプロの意見を仰ぎながら選ぶことがオススメです。

2. お金をかけなくても良いアイテム

  • 眉ブロウ
    • 眉毛を書くアイテムはペンシルやパウダー、マスカラなどたくさんありますがプチプラでもとても優秀です。少し前は明るい色が多かったですが、最近は落ち着いた色や黒髪向けのアイテムなどカラバリも豊富なので、一度バラエティーショップを見てみることもオススメです。
  • マスカラ
    • 目力をプラスさせるマスカラ、一昔前は濃く、太く盛るイメージの強いアイテムでしたが最近では透明で毛並みを揃えるものや、自然な仕上がりのアイテムも多くあります。定番のアイテムなので各社様々な印象のアイテムを発売しています。ドラッグストアでも手ごろに買えるのでお買い物の帰りに是非お手に取って見てみてください。
  • メイクツール
    • メイクツールとは、ブラシやスポンジなどメイク本体ではなくそれを使用する道具を指します。今までは日本製の筆やデパコスのパフなどが人気でしたが、近頃ドラッグストアで買えるプチプラブランドの進化・努力も凄まじく正直、ここにお金をかけるトレンドはひと段落かなという印象です。特にファンデーションのパフは使用する度に都度洗うことが推奨されているのでプチプラのブランドで洗い替え用のストックをいくつか持っておくことがオススメです。

3. まとめ

メイクを始めると想像以上にお金がかかりますが、それ以上に今までより少し自信がついたり気になっていた悩みをカバーできたりメリットもとても多いです。ポイントを抑えてメリハリをつけた上で無理のない範囲でメイクを楽しみましょう。

美容ナビではメイクの話題以外にもスキンケアやヘアケアなどメンズ美容に関する様々なお役立ち情報の記事を公開しています。他にも興味のある内容があればぜひ読んでみてください。

・【ネイル】男性のネイルが流行ってるらしい!