【カラーレンズ】始めてのカラーレンズ
カラーレンズ

【カラーレンズ】始めてのカラーレンズ

近頃流行りのカラーレンズ、サングラスとの違いがわからなくてここに辿りついた人もいるのではないでしょうか?

この記事ではカラーレンズの目的や種類、選び方などをわかりやすく解説していきます。

1. カラーレンズとサングラス

カラーレンズとサングラスの違いってなんでしょうか?どちらも見た目はほぼ同じなので細かい規定がある訳ではないですが、大まかな目的で分けることができます。

・サングラスは光を遮るために使う

・カラーレンズはおしゃれのために使う

おおまかな違いはこんな感じです。とはいえ、しっかりUVカットができるカラーレンズや色が薄めのサングラスなどもでているのでそこまで厳密な違いはありません。自分の好きなものを選ぶようにしましょう。

2. カラーレンズの選び方

たかがカラーレンズ、されどカラーレンズ。選び方一つで性能や見え方、印象などがガラッと変わってきます。自分の用途などを考えた上で最適なものを選べるようにしましょう。

・機能性

カラーレンズは通常の色入りグラスのみではなくミラーコーティングされたものなどもあります。ミラーレンズは入ってくる光はグッと減りますが、やや派手な印象を持たれます。

他にも、カラーレンズは度入りのものもあります。「普段メガネしているからちょっと…」という方も一度メガネ屋さんを訪れて自分に似合うものがないか探してみてはいかがでしょうか?

・カラー

カラーレンズ、という名前だけあってレンズの色は非常に重要です。自分のカラーに合うものにするか、服のワンポイントでいくつか持つか、濃い色のレンズでミステリアスな印象をつくるか、などなど選び方は人の数だけあります。個人的にはいくつか持つのがおすすめですが、始めてのレンズの場合は色が薄めのものをおすすめします。淡い色のレンズは様々な服のコーディネートに合わせやすく、雰囲気も柔らかめに見えて万人受けしやすいです。自分に合ったものを探してみてください。

3. メガネ屋さんでつくる

出来合いのものを買うのも良いですが、メガネ屋さんで作るとさらにメリットがあることがあります。

例えば、先に紹介したようにレンズに度を入れることができます。メガネをかけている人や、普段は裸眼だけど視力が落ちてきた人など、せっかくメガネを作るならカラーレンズにしてみてはいかがでしょうか?

他にもフレームとレンズを組み合わせて買うことができる点もメリットです。出来合いのものだとフレームとレンズの色があらかじめ決まっているのでなかなか自分好みのものにたどり着くのが難しいかもしれません。メガネ屋さんの場合は、そもそも別々に組み合わせて作ることが普通なので自由な買い物を楽しむことができます。

4. まとめ

いつもの記事では美容に関することが多いですが、今回は珍しくファッション的な内容でカラーレンズについて紹介してきました。カラーレンズを買うかどうか迷っている人への道標になれたら幸いです。

普段はメンズ美容に関することについて解説記事を公開しています。もしそちらにも興味があれば読んでいただけると励みになります。

【コスメ】【ベースメイク】ファンデーションってどう使うの?